ホーム > 2017年隠岐の島観光 > 隠岐ビューポートホテルの朝 2

隠岐ビューポートホテルの朝 2




隠岐の島の朝は、フェリーの汽笛の音で始まります。

今回私が宿泊した隠岐ビューポートホテルは、島後の玄関口である西郷港の埠頭前にあり、隠岐自然館総合案内観光所が併設されている、ランドマーク的なホテルです。

今回は隠岐ビューポートホテルの案内をさせていただきますね



隠岐の島 13

 
写真では分かり辛いですが、ホテル上部の両サイドには三角お屋根が付いています。
これは牛の角をイメージしているようです。
牛突きは、隠岐観光のひとつですものね


お部屋の紹介です。


隠岐の島 14

 
私は一人での宿泊ですが、お部屋はツインタイプになっていました。
フロントのスタッフに確認したところ、シングルタイプはないらしく(オーシャンビューではなく漁師町サイドだったからかな)、一室での料金になっていました。
(自分で予約していないので、料金体系は詳しくありません





隠岐の島 15

 
お部屋には小さいながらも冷蔵庫とテレビが完備されています。





隠岐の島 16

 
トイレとお風呂です。
一般的なビジネスホテルタイプですね




隠岐の島 17

 
バスルームに備え付けられたドライヤーです。
上海のように15秒で切れたりしないので便利便利(当たり前か





隠岐の島 18

 
エレベータフロアには、自販機の他に電子レンジが置いてありました
部屋で飲食するのであれば、有難いサービスですね



朝食は3階のフロント奥にあるフロアでいただきます。


隠岐の島 19

 
フロアからは西郷港が一望できます。
入り江になっているので、波も穏やかで美しい




隠岐の島 20

 
ちょうどフェリーしらしまが停泊していました。
境港に向かうのかな?




隠岐の島 21

 
お待ちかねの朝食です
この朝食が美味しくて、とっても気に入ってしまいました
特に隠岐の白米とアカモク海藻のお味噌汁は絶品です

サービスで付いているコーヒーをいただいた後、外に出掛けてみました。




隠岐の島 22

 
ホテルの前はフェリーターミナルになっているので、レストランや土産物屋があります。
観光客には嬉しいんですよね 助かります




隠岐の島 23

 
フェリー乗り場に行ってみました。
一反木綿に乗った鬼太郎がフェリーに描かれていました。
「ゲゲゲの鬼太郎」の作者である水木しげるが、境港出身だからでしょうね。
こんなフェリーなら乗ってみたい

しばらくすると、出港の合図でしょうか。
ゆずの「栄光の架け橋」が大音響鳴りだしました。

どうして栄光の架け橋なんだろう?
そう思いながら、ふと顔を上に向けると、こんな横断幕が目に入りました。

隠岐の島 24


~2月22日は竹島の日です~
竹島は今も昔も隠岐の島

そうか~竹島って隠岐の島だったんだ。
ここに来ていなかったら、知らないまま過ごしていました

やっぱり隠岐の島に来て良かった~
そう思えることが、またひとつできました






ミッキーネット・ブログランキングに参加しております。 励みにもなりますので、クリックしていただけたら有り難いです。 宜しくお願いします。
     ↓





[ 2018/01/28 14:12 ] 2017年隠岐の島観光 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する