有馬六彩で癒されて・・・ NYブログ ワンダーランド

旅のお役立ち情報をお知らせします

ホーム > 神戸観光 > 有馬六彩で癒されて・・・

有馬六彩で癒されて・・・




梅雨の中休みである6月某日、関西の奥座敷・有馬温泉にある有馬六彩さんへ行って来ました

有馬六彩さんは東急リゾートサービスが運営する、会員制リゾートホテル(ハーヴェストクラブ)です。
今回は友人のKちゃんに株主優待チケットを用意して頂き、初めての訪問です
噂に聞いていたハーヴェストクラブにドキドキ感は止まりません
いざ!出発~!!!


神戸の中心地である三宮から、バスで向かうこと30分。
有馬温泉に到着しました。
バス停までシャトルバスに迎えに来てもらい、ホテルに到着すると、日曜だというのにロビーはごった返していました。



有馬六彩1

チェックイン時間である15時は混雑するのかもしれませんね。



有馬六彩2

ロビーテラスから修景池が見渡せます。
夜になるとライトアップされて幻想的な姿を見せてくれます



チェックインを済ませお部屋へ向かいます。
私たちのお部屋は1号館にあるメゾネットタイプです。
6人部屋を3人で使わせてもらえるなんて、なんて贅沢なのでしょう



有馬六彩3

8階に到着し、重厚な部屋のドアを開けてみました。
ホテルでメゾネットに泊まったことがなかったので、気持ちは最高潮に嬉しい



有馬六彩4

部屋に入ってから直ぐにある最初のドアは、トイレと洗面所になっています。



有馬六彩5

最初のお部屋は和室です。
程よく寛げる和室の存在は有り難いです 


有馬六彩6

メゾネットなので当然ですが、階段が部屋にあります。ちょっと感動的



有馬六彩7

階段から部屋を見下ろすと、豪華なソファーセットが置いてありました。



有馬六彩8

この窓、とっても高い~! 何メートルあるのでしょうね?



有馬六彩10

和室の下にあたる場所にはツインのベッドがあります。



有馬六彩11

壁のように平面化した扉を開けるとミニキッチンがありました。



有馬六彩12

二つ目のトイレを発見
大浴場を利用したため、使うことが無かったお風呂もあります



有馬六彩13

ダブルボウルの洗面所です。使い勝手が良いですね



一息ついたこともあり、おやつタイムに突入です



有馬六彩14

仙太郎で買ってきたくず桜
美味しすぎる~


お茶を飲みながら上を見上げると、2階にある和室部屋が見えます。



有馬六彩9

吹き抜けになっているから圧迫感がない。つまり、開放的でストレスも発散される。
有馬六歳最高~(大きな声で叫びたい




お部屋で寛いだ後は大浴場に向かいました
広い大浴場には金泉・銀泉のお風呂があります
癒されますね~
注意 金泉は塩分鉄分が多く含まれたお風呂です。湯船にタオルや髪の毛が浸かると大変なことになりますよ



お風呂のあとは、お楽しみの宴会タイム
持ち込んだお弁当を、2階の和室で頂きました



有馬六彩16

京・料亭わらびの里で買ったお弁当御室
体調が悪い友人に合わせて、食事は軽めにいただきました

残りの元気な二人はというと・・・しっかり飲んでいます




有馬六彩15

ツェラー・シュワルツ・カッツ・プリカッツモメサン・メルローです

気の合う仲間との会話は、時間を忘れてしまいます
たまに会話が途切れても大丈夫
お部屋の雰囲気に酔い、はたまた美味しいワインにも酔い・・・

それにしても癒されますね~

静かな夜が更けていきます




朝になり、買っておいた朝食をテーブルの上に並べてみました。



有馬六彩17

アンデルセンハイジの白パン&タマゴサンド
ロック・フィールド3種フルーツとヨーグルトのサラダ
ゴディバガトーショコラ
お茶、オレンジジュース、コーヒー

好きな物ばかりをテーブルの上に広げるのって嬉しいですね
毎朝こんな朝食を楽しみたいところですが・・・現実は時間との競争でムリ

そんな現実を一切忘れさせてくれたのが有馬六彩さんでした。


テレビも見ない・・・BGMも流れていない・・・
もちろん、スマホの着信音は消音です。

広々としたお部屋が生活感を忘れさせるのでしょうか。
とにかく癒されます。

チェックアウト時間である11時が着てしまったので部屋を出ますが、とっても名残惜しくって
素晴らしいプチ旅行を経験することができました
チケットを譲ってくれたKちゃん有難う!
いつか私も会員になりたいな~



有馬六彩21

有馬六彩ロビーにて 大満足な三人です






ミッキーネット・ブログランキングに参加しております。 励みにもなりますので、クリックしていただけたら有り難いです。 宜しくお願いします。
     ↓





[ 2018/07/01 19:40 ] 神戸観光 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する