帰国便はスクートビズ 20 NYブログ ワンダーランド

旅のお役立ち情報をお知らせします

ホーム > 2018年ハワイ旅行 > 帰国便はスクートビズ 20

帰国便はスクートビズ 20




ヒルトン・ワイキキ・ビーチからダニエル・K・イノウエ国際空港までの道のりは、HISの片道送迎サービスを利用します。




ハワイ85


思えば、ヒルトン・ワイキキ・ビーチに泊まれたのも、タイムシェア販売説明会に参加したからです。
特典としてこんな素敵なホテルに3日間も無料宿泊できたなんて、夢のようなことでした
ヒルトンさんありがとう

感慨深く思いに浸っていると、あっという間に空港に到着です
HISの送迎サービスでは、私たちが最後のピックアップ乗客だったので、空港まで僅か20分の道のりでした。



今回の私たちの旅行は、往復ともLCCの利用です。
行きはエアアジアを利用し、帰りはシンガポールを拠点としているスクートです。
スクートの場合も、エアアジアと同じようにビジネスクラスに匹敵するスクートビズの予約をしました
エアアジアとどのくらい違うのか、比べてみるのも楽しみの一つです




ハワイ173


空港に着くと、スクートのカウンター前では多くの人で込み合っていました。
私たちはスクートビズの強みである優先サービスで、左端の通路を使うため待ち時間なし
エコノミークラスより高額なチケットなんだもの。
これぐらいのサービスがあっても良いですよね~




ハワイ174


搭乗手続きを済ませ制限エリアに入ります。
フラダンスのショーを見たり、アジアンチックな庭園を見たり、免税店で買い物をして過ごします。




ハワイ175


こちらが利用するスクートです。
黄色の機体が可愛らしい




ハワイ176


機内のスクートビズです。
エアアジアが2-2-2の座席列だったことに対し、スクートでは2-3-2列になっています。
狭さも気になるところですが、エアアジアに比べると古めかしい感じです




ハワイ177


長距離移動でポイントとなるリクライニングですが、ご覧の通り、後ろに下げられるのは少しだけ。
これでもエコノミークラスに比べると、後ろに倒れるのでしょうね




ハワイ178


サービスで付いてくるお水です(写真は二人分)
ペットボトルではない水って、飲み切る必要があるので不便です



飛行機が離陸すると、次第に機内は冷えてきます
スクートはブランケットが買取なので、上着などを機内に持ち込み眠りにつきました。



着陸2時間ほど前になると食事が始まります。
事前に予約していた機内食が運ばれてきました




ハワイ179


私は鶏肉が苦手なため、選択肢がほぼありませんでした。
これは牛肉を煮込んだ料理とマッシュポテトにインゲン豆です。
それにTwixのお菓子が付いているだけ?
ご飯はどこだと探したところで、隠れるような場所は無し・・・

少し寂しい気持ちにもなりましたが、気を取り直してワインなんて頂いちゃいます
スクートの一番の利点だと思ったのが、機内食での飲み物です。
LCCでありながら、大手航空会社と同じようにアルコールも含んだドリンクサービスがあるのです

ワインを飲みつつ、気を良くして隣りのYの食事を拝見します。
それを見て、愕然とする私



ハワイ180


なんですか?こりゃ?
照り焼きチキンにはサラダなんか付いている
ドリンクサービスの他にミネラルウォーターも付いちゃって
おまけにアイスクリームですか 
私なんてチョコレートバーだぞっコンニャロ~

食べ物の恨みは怖いのです
次回からLCCを利用する時は、スクートではなくエアアジアで行くことに決めました







ハワイ181


窓から外を覗くと、雄大な富士山が雲の合間から見えました。
飛行機は日本の上空まで来ています。

楽しかったハワイ旅行も終わりを告げようとしています。
日本でプルメリアの花を見ることはないけれど、日焼けした肌を見ると思い出すんだろうな~
ハワイの空気を・・・香りを・・・笑顔を・・・(しみじみ)

ハワイへ訪れる日が、また来るでしょう
きっとね。
その時まで・・・アロハ~







ミッキーネット・ブログランキングに参加しております。 励みにもなりますので、クリックしていただけたら有り難いです。 宜しくお願いします。
     ↓





[ 2018/09/16 23:47 ] 2018年ハワイ旅行 | トラックバック(-) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する