2018年ハワイ旅行 NYブログ ワンダーランド

旅のお役立ち情報をお知らせします

ホーム > カテゴリー - 2018年ハワイ旅行

帰国便はスクートビズ 20




ヒルトン・ワイキキ・ビーチからダニエル・K・イノウエ国際空港までの道のりは、HISの片道送迎サービスを利用します。




ハワイ85


思えば、ヒルトン・ワイキキ・ビーチに泊まれたのも、タイムシェア販売説明会に参加したからです。
特典としてこんな素敵なホテルに3日間も無料宿泊できたなんて、夢のようなことでした
ヒルトンさんありがとう

感慨深く思いに浸っていると、あっという間に空港に到着です
HISの送迎サービスでは、私たちが最後のピックアップ乗客だったので、空港まで僅か20分の道のりでした。



今回の私たちの旅行は、往復ともLCCの利用です。
行きはエアアジアを利用し、帰りはシンガポールを拠点としているスクートです。
スクートの場合も、エアアジアと同じようにビジネスクラスに匹敵するスクートビズの予約をしました
エアアジアとどのくらい違うのか、比べてみるのも楽しみの一つです




ハワイ173


空港に着くと、スクートのカウンター前では多くの人で込み合っていました。
私たちはスクートビズの強みである優先サービスで、左端の通路を使うため待ち時間なし
エコノミークラスより高額なチケットなんだもの。
これぐらいのサービスがあっても良いですよね~




ハワイ174


搭乗手続きを済ませ制限エリアに入ります。
フラダンスのショーを見たり、アジアンチックな庭園を見たり、免税店で買い物をして過ごします。




ハワイ175


こちらが利用するスクートです。
黄色の機体が可愛らしい




ハワイ176


機内のスクートビズです。
エアアジアが2-2-2の座席列だったことに対し、スクートでは2-3-2列になっています。
狭さも気になるところですが、エアアジアに比べると古めかしい感じです




ハワイ177


長距離移動でポイントとなるリクライニングですが、ご覧の通り、後ろに下げられるのは少しだけ。
これでもエコノミークラスに比べると、後ろに倒れるのでしょうね




ハワイ178


サービスで付いてくるお水です(写真は二人分)
ペットボトルではない水って、飲み切る必要があるので不便です



飛行機が離陸すると、次第に機内は冷えてきます
スクートはブランケットが買取なので、上着などを機内に持ち込み眠りにつきました。



着陸2時間ほど前になると食事が始まります。
事前に予約していた機内食が運ばれてきました




ハワイ179


私は鶏肉が苦手なため、選択肢がほぼありませんでした。
これは牛肉を煮込んだ料理とマッシュポテトにインゲン豆です。
それにTwixのお菓子が付いているだけ?
ご飯はどこだと探したところで、隠れるような場所は無し・・・

少し寂しい気持ちにもなりましたが、気を取り直してワインなんて頂いちゃいます
スクートの一番の利点だと思ったのが、機内食での飲み物です。
LCCでありながら、大手航空会社と同じようにアルコールも含んだドリンクサービスがあるのです

ワインを飲みつつ、気を良くして隣りのYの食事を拝見します。
それを見て、愕然とする私



ハワイ180


なんですか?こりゃ?
照り焼きチキンにはサラダなんか付いている
ドリンクサービスの他にミネラルウォーターも付いちゃって
おまけにアイスクリームですか 
私なんてチョコレートバーだぞっコンニャロ~

食べ物の恨みは怖いのです
次回からLCCを利用する時は、スクートではなくエアアジアで行くことに決めました







ハワイ181


窓から外を覗くと、雄大な富士山が雲の合間から見えました。
飛行機は日本の上空まで来ています。

楽しかったハワイ旅行も終わりを告げようとしています。
日本でプルメリアの花を見ることはないけれど、日焼けした肌を見ると思い出すんだろうな~
ハワイの空気を・・・香りを・・・笑顔を・・・(しみじみ)

ハワイへ訪れる日が、また来るでしょう
きっとね。
その時まで・・・アロハ~







ミッキーネット・ブログランキングに参加しております。 励みにもなりますので、クリックしていただけたら有り難いです。 宜しくお願いします。
     ↓





スポンサーサイト



[ 2018/09/16 23:47 ] 2018年ハワイ旅行 | トラックバック(-) | CM(0)

朝食は安くて美味しいマラサダで! 19




日本へ帰国する出発日になりました。
ハワイ滞在時間もあと少し。
余すことなく、ハワイを満喫したいと思います


朝5時に目覚まし時計を掛け、散歩を兼ねた買い物に出掛けます。
向かう先はマラサダで有名なレナーズベーカリー
片道30分の道のりを徒歩で向かいます。




ハワイ163


ワイキキビーチを、ホテルの廊下から撮ってみました
太平洋って本当に果てしなく大きい
本州と淡路島に挟まれた街に住んでいると、海が全く違います(当然ですね




ハワイ164


夜明け前のアラワイ運河です。
凛とした空気を、胸いっぱい吸い込みました。
とっても静かで気持ちが良い~




ハワイ165


この景色が見られるのも、早朝の散歩ならでは
早起きして良かった

運河では沢山の魚が泳いでいましたよ




ハワイ166


ヒルトン・ワイキキ・ビーチから歩いて30分。
汗ばんできた頃、レナーズベーカリーに到着しました。
朝6時だというのに、駐車場には多くの車が止まっています。
さすが人気店ですね




ハワイ167


ご覧の通り、店内には数多くのパンが売られています。
ですが、ほとんどの方はショーケースのパンではなくマラサダを注文していました




ハワイ168


私もご多分に漏れずマラサダを買っちゃいましたよ
アツアツ揚げたてのマラサダです

一口頬張ると、サクサクとした表面と柔らかな生地が口に広がります
優しい甘さと柔らかな食感
たまりませんね~
30分歩いてくる価値がありました。美味しい~



マラサダを購入すると、空港へ行くシャトルバスのピックアップ時間があるので、ホテルに急いで戻ります。

行きとは違い、いつの間にか顔を出した太陽が、ハワイの大地を照らしていました。




ハワイ169


アラ・ワイゴルフコースです。
みどりの芝生が気持ち良さそう~




ハワイ170


プルメリアの木が大輪の花を咲かせていました。
とっても可愛らしいですよね
ヒルトン・ワイキキ・ビーチのお部屋にも、プルメリアの絵画が飾られています




ハワイ171


左を仰ぐと、ダイヤモンドヘッドの雄姿を見ることが出来ました
頂上まで登ったなとしみじみ・・・




ハワイ172


この美しい景色を楽しめるのも、あと数時間。
真っ青な空と、ヤシの木の豊かな緑、プルメリアの香りと共にやって来る爽やかな風・・・
ハワイって本当に素晴らしい場所ですね

後ろ髪を引かれつつ、ワイキキに心を残したまま、空港へと向かう二人でした。





ミッキーネット・ブログランキングに参加しております。 励みにもなりますので、クリックしていただけたら有り難いです。 宜しくお願いします。
     ↓





[ 2018/09/12 22:40 ] 2018年ハワイ旅行 | トラックバック(-) | CM(0)

ビール好きならヤードハウスに行くべきです! 18




ワイキキで過ごす最後の夜です。
翌日の朝には、帰国のため空港へ向かうことになっています。

そこで今夜は、ハワイでの人気レストランヤードハウスへ向かうことにしました。

ヤードハウスがあるワイキキビーチウォークまで、今回もピンクライントロリーを利用して移動します。




ハワイ155


中央の芝生広場では、ヨガレッスンのイベントが行われていました。
街中でこんなイベントがあるなんて素敵です




ハワイ156


ヤードハウスはワイキキビーチウォークの1階にあります。
前日に行ったルースズ・クリス・ステーキ・ハウスは、ヤードハウスの真上。つまり2階になります。




ハワイ157


こちらのお店はスポーツバー&レストランになっており、大人の雰囲気が漂います。
ですが、入り口にはテラス席もあるので、カジュアルさも併せ持っています。


私たちはハッピーアワーを利用し、100種類以上の品揃えがあるビールを注文しました




ハワイ158


こちらが飲んでみたかった、ロンググラスビールです
ビールのオーダーは、銘柄を指定し、普通のビアジョッキかロンググラスかを選びます。




ハワイ159


早速ビールで乾杯します
喉ごし最高~
ロンググラスは中ジョッキの2杯分の容量があるので、ゴクゴクいけちゃいます

普段使うことがない、ロンググラスを持ってハイテンション
なのですが、少しばかり困ったことも

グラスの長さが50センチもあるので、気を付けないとグラスをテーブルにぶつけてしまいます。
それに、ビアジョッキと違って安定性が悪い
ビールが入った状態で、グラスを倒したら・・・なんて思えば怖いですね
そして何よりビールが飲みにくい
底に溜まったビールなんて、グラスの中を流れるのに時間が掛かること

文句たらたら言ってますが、ヤードハウスに行ったら、次回もロンググラスで注文するんだろうな~
なんてったって楽しいから仕方がないのです




ハワイ160


オニオンリングタワーを注文してみました。
厚く切られた玉ねぎにサクサクの衣がとっても美味しい~
かなり気に入ってしまいました。病みつきになります




ハワイ161


マルゲリータピザです。
ざくざくトマトの上に、モッツァレラチーズと大きなニンニクがゴロゴロ乗っています。
これらを一気に口に放り込むと、ウマイ
大きなピザなので、二人で食べるとお腹いっぱいです




ハワイ162


高級レストランも捨てがたいけれど、ハッピーアワーでいただくビールと料理
やめられませんね最高です


ハワイ最後の夜は、美味しいものに囲まれて、大満足な夜になりました
ヤードハウスにまた行きたいな~






ミッキーネット・ブログランキングに参加しております。 励みにもなりますので、クリックしていただけたら有り難いです。 宜しくお願いします。
     ↓





[ 2018/09/09 21:55 ] 2018年ハワイ旅行 | トラックバック(-) | CM(0)

ハワイの人気スポット ハナウマ湾 17




ハワイ138


ワイキキの海を眺めながら、チョコレートクロワッサンを食べています。
このクロワッサンは、ホテルのベーカリーショップで買った朝ご飯なのです。

この日は朝からハナウマ湾に移動します。
向こうで朝食を取るつもりでしたが、バスに乗り遅れたからしょうがない
トホホな一日の始まりですが、サーフィンやビーチを楽しむ人たちを、間近で見ながら食べるクロワッサンもおつなものです





ハワイ139


ハナウマ湾へはオプショナルツアーやタクシーを利用して行くことも出来ますが、私たちはザ・バスを利用し出掛けることにしました。
なんたって料金が往復で5.5ドルです
これは安い

上記の図は、ワイキキからハナウマ湾に向かう22番ルートを示しています。
同じものですが、こちらからもアクセスできます。(ザ・バス22番ルート



デューク・カナハモク像近くのバス停からハナウマ湾へ向かいます。
所要時間40分~50分のバス旅行の始まりです
車内は満員のため座ることは出来ませんが、美しい景色や家並みを見ていると、飽きることがありませんでした。


バスがハナウマ湾のバス停に到着しました。
ここで注意点を一つ


ハワイ140


上の幹線道路が、海岸線を沿って走る22番ルートになっています。

バスに乗っていて最初に“ハナウマ”の文字に行きつくところが①のバス停になります。
このバス停では多くの方が下車しますし、ハナウマ湾の名所標識もあったりします。
思わず降りてしまいたくなりますが、バスは②のバス停まで行くので、ここで降りた方がチケットブースに近いです。

帰りも同じように②から乗車し、①のバス停に寄ってからワイキキに戻ります。
②のバス停の存在を知らずに①から乗車される方がいましたが、急な坂道になっていますので大変だと思いますよ




ハワイ141


チケットブースの前には行列ができてましたが、わずか10分ほどの待ち時間でした。
行った日がハナウマ湾休園日の翌日である水曜日だったので、長蛇の列になるかと覚悟していましたがセーフです

チケットブースでは7.5ドルの入場料をVISAカードで支払い、15分ほどの勉強用ビデオ鑑賞を受講後、ハナウマ湾へ向かう急な下り坂を降りて行きました。




ハワイ142


ハナウマ湾が一望できるビュースポットです




ハワイ143


左側のほうがシュノーケルには向いているらしいです。
なるほどサンゴ礁が多いかも




ハワイ144


朝9時ですが、すでに多くの人で賑わっていました


海の中に入ると、膝丈ぐらいの深さなのに大きな魚が泳いでいます
こんな所にまで魚が来るなんて、ハナウマ湾ってスゴイ

マスクを付けて潜ると、目の前に色んな魚を次々と見ることが出来ました



ハワイ145


シマハギ


ハワイ146


ヨスジフエダイ

ハワイ147


シマスズメダイ

ハワイ148


分からないけど可愛い魚たち

ハワイ149

 
ゴマニザ


ハワイ151


シマハギちゃんがいっぱいいる~
なんて思っていたら・・・



ハワイ152


目の前を覆いつくすほどの魚の群れです
まるで水族館みたい
感激してしまいました



シュノーケリングを思い切り堪能し、ハナウマ湾でランチを食べてからワイキキに戻ります。




ハワイ154


ランチはホテルのベーカリーショップで買ってきていたものです。
夏の海辺に保冷剤もない状態で、調理パンなんぞ持って行っていいのかと不安になっていましたが、日本と違って湿度の少ないハワイでは気にする必要はないそうです。

ハナウマ湾でもスナックを売っている売店はありますが、ABCストアなどで用意していくのも良いかもしれません。


ハナウマ湾でのシュノーケリングは最高の思い出になりました
大満足な一日です






ミッキーネット・ブログランキングに参加しております。 励みにもなりますので、クリックしていただけたら有り難いです。 宜しくお願いします。
     ↓





[ 2018/09/07 23:46 ] 2018年ハワイ旅行 | トラックバック(-) | CM(0)

ダイヤモンドヘッドは夕方もおススメ 16




ワイキキショッピングを楽しんでいる時にダイヤモンドヘッド登山の話が出てきました。
計画もしていなけりゃ準備もしていない。
正に降って湧いた話です

腕時計を見ると、時刻は16時前を指していました。
ダイヤモンドヘッドの入山最終受付時刻は16時30分です。
慌ててホテルに帰り、パンツとスニーカーに履き替え身支度すると、ペットボトルを持ってホテルで待機しているタクシーに飛び乗りました。
ヒルトン・ワイキキ・ビーチからダイヤモンドヘッドまでは約10分、料金は9ドルです。




ハワイ124


時刻は16時20分。最終受付時間の10分前です。
こんな時間ですが、私たちが最後って訳ではなく、次々と入山者は集まってきます。




ハワイ125


ダイヤモンドヘッドは大昔に噴火した休火山です。
インフォメーションセンターがある出発地はクレーター部分。
ここから山頂まで1.3キロの道のりを登っていきます。




ハワイ126


最初は平たんな道から始まります。
余裕で会話も弾みます




ハワイ127


道はゴツゴツしていますが、整備されているので問題なし
登山道はつづら折りになっているので、先を登って行く人が見えています。




ハワイ128


展望台です。
写真の鉄パイプは、展望台から突き出して作られています。
高所恐怖症の人なら、かなり怖いかも




ハワイ129


74段のコンクリート階段が現れました。
思ったほど勾配もないので、まだ余裕




ハワイ130


階段を登りきるとトンネルが出現します
70メートルある狭いトンネルですが、ちゃんと電気は点いているので安全です。




ハワイ131


休憩所で一息つきます。
かなり高い所まで登ってきたようです

もうひと踏ん張り・・・ですが、見えてきたのはスゴイ階段でした




ハワイ132


この階段って99段あるんですよ
しかも急勾配です

これをエイ、ヤッ!と気合一発、一気に登ります
さすがにこれはきつかった


ダイヤモンドヘッドは米国陸軍沿岸護衛設備だったので、頂上は四層建ての砲撃統制所になっていました。
各階につながる螺旋階段を上っていきます。




ハワイ133


螺旋階段を上りきると、観察機器を固定した受け台に出てきました。
この要塞の小窓から外に出ます。




ハワイ134


頂上へたどり着きました
ワイキキ方面、逆方向のココヘッド方面、海側を見るとダイヤモンドヘッド灯台が良く見えます
とっても気持ちいい~

今回は夕方に行ったことで観光客も少なく、時間をとって頂上で思う存分楽しむことが出来ました
私たちはこの後、行きとは違う登山道を使って下山してしまいましたが、ダイヤモンドヘッドからサンセットを見るのも素敵かもしれませんね
ただし、下山締切り時間は18時なので、時刻だけは注意してください。




ハワイ136


インフォメーションセンターまで戻ってきました。
時計を見ると、往復で1時間30分のトレッキングをしたことになります。

体を動かすと気持ちが良いし、何より頂上から見た眺めは感動的です
う回路の登山道を使えば、99段の心臓破りの階段も使うことなく登頂できます。
気軽に登れる山なので、ぜひトライしてみてくださいね




ザ・バスを利用しワイキキまで戻ってきた二人は、ダイヤモンドヘッド登頂記念に、ご褒美ディナーに向かいます。


ハワイ137


肉厚のフィレ肉で有名なルースズ・クリス・ステーキ・ハウスです。




ハワイ135


予約していなかったせいもあり、通された席はお店の外にある通路です。
これが暗いんだな~

けれどお味の方は期待した通りの美味しさです
フィレ肉もバーベキューシュリンプも最高~

ダイヤモンドヘッド登山で汗をかいたせいか、白ワインが体を駆け巡ります。
ほろ酔い気分で空を見上げると、お月様が微笑んでいるようでした









ミッキーネット・ブログランキングに参加しております。 励みにもなりますので、クリックしていただけたら有り難いです。 宜しくお願いします。
     ↓





[ 2018/09/03 23:50 ] 2018年ハワイ旅行 | トラックバック(-) | CM(0)